恵方巻きはお座敷遊びが元という話を古文の先生から聞いて以来そのうんちくを披露する機会を狙っていたがそのチャンスを掴めないまま今日まで生きてきた俺が突如異世界に転生したら恵方巻きのうんちくだけで言論無双してめちゃくちゃ崇め奉られてんだがw

 2月2日。

僕はあの日、世界の本質のその一端に素手で触れた。

そんな気がした————————。


まぁなんてことはない話です。

恵方巻き工場でバイトしてきましたよってただそれだけのことですね。

朝から夜までの勤務を10時間ほどしてきました。

いやキツかったですね。

キツいってのは業務内容がってのもあるんですが、何と言っても環境です。


自分がどれほど甘えた人間で、生ぬるい場所に生きてきたかをまざまざと突きつけられる思いでした。


今回の件で気付かされました。

本当に辛いことは、ヤバいクレーマーの対応をさせられることじゃない。

過酷な業務を長時間強いられることでもない。

それは、言葉が通じないことなのだと。


従業員のほとんどが日本人ではなかったです。

中国人、韓国人、ミャンマー人(?)、フィリピン人……おそらく出稼ぎ労働者というやつでしょうか。

とにかく周りにいる人たちはほぼほぼ上記のいずれかでした。

もちろん日本で働いているので、日本語で話しかけても分かってはもらえますし、相手の方も日本語で指示を出したりはしてくれます。

ただ、自分の耳に入ってくる言葉がどれも日本語じゃないという状況にはとても恐怖を感じました。

どこか日本ではない場所に迷い込んでしまったかのような感覚。

おかげで「辛い」とか、「帰りたい」とか「辞めたい」とか、そんなことは一度も思いませんでした。

頭にあったのはただただ「怖い」と言う事だけ。

いや〜心細かったなぁ……。

自分がモタモタと作業した後、従業員の方が何語かで何かを言って笑ったりすると「コイツマジ使えねーなw」「それなw」みたいなこと言われてんのかな……とか被害妄想になりかけたりしました(^◇^;)


ちなみに作業内容は簡単で、「ベルトコンベアで流れてくる海苔」にご飯を乗せるというただそれだけです。

ただそれだけではあるんですが、結構大変でした……。

まぁ詳しくは書きませんが、ご飯を包んであるフィルムを剥がすのに手間取ったり、崩れたご飯の形をうまく整えたり、ご飯がなくなったら補充したりなんだりでとにかく流れに間に合わなくなるんですよねぇ。

そもそも特にチュートリアルも無く、「これであってんのかな……?」と迷いながらやるのでそれも遅れる要因かと。


まぁ何時間かやる頃には慣れてきたんですが、それでも気を抜くとすぐに間に合わなくなってライン全体を止めるハメになりました。

その節はすみませんでした。


トイレ休憩とかもなしで、昼食1時間で9時間みっちりでした。

10時間(実働9時間)とかってもっと緩い印象がありましたが、流石に工場くらいシステマチックな場所だとマジでキッチリかっちり実働9時間ですね(^◇^;)


で、今回1番興味深いなぁと思ったのは人種に関してです。

先ほども書いたように、従業員はほぼほぼ外国の方なんですが、管理職的なポジションになると急にほぼ日本人になるんですよね。

実際にラインに立って作業にあたるのは外国人なんですが、ボードとペン持ってチェックに来る人はみんな日本人という。


「あーーーーーーー!!!! ママーーーーーーー!!! カースト制みつけたーーーーーー!!!!!! カースト制みつけたよママーーーーーーー!!!!!!」


もちろんライン側にも日本人は居たのですが、皆目がバキバキでかなりガン決まってる人が多かったです。(自分が会った人がそうだっただけかも知れませんが)


誤解を招くようですが、自分はこれについて何かを言う気はありません。

工場での勤務はかなりキツくて、正直カイジの地の獄を思わせる雰囲気でした。

しかし、ここで働く彼らはもらっている給料に対してのこの労働を受け入れているワケで、それは契約が成立してるってことで……。


何より、今まで何気なく買っていたコンビニ弁当とかも実はこういう労働によって生産されていたのだとしたら、自分も彼らの労働の恩恵を受けていた張本人であって、つまるところ、彼らに工場での勤務を強いているひとりは間違いなく私であるワケで……。


だからこれについては何も言えません。

いう資格なんてない。

それが分かっただけでも良かった。

今回のバイトは貰った金額以上に価値を持つモノでした。

普段立ち寄るコンビニ。

そこに並べてある弁当、おにぎり、海苔巻き……。

なんとなく「工場の機械とかで作ってんだろうな」としか思っていなかったそれらは、実は人の手によって作られていて、その作業は決して軽いモノではなかった。

そんな事とは無関係と思えていた自分も、実はそこにお金を払う事によって間接的にあの工場を肯定していたんですね。


今回気づいたのは「どんな物でもそれを作った人がいる」という世界の本質、そのひとカケラです。

こんな当たり前のことでも、実際自分がその場に立たないと分からないというのは呆れた愚かさ加減ですね。


愚かな自分には、もう言えることは何もありません。

私は何もモノを知らないし、何も分かっちゃいない。


ただこれだけは言えるということもあります。

自分は今年恵方巻きを買いませんでした。

そしておそらく、これから先も買わないでしょう。

 

走るのは気持ちが良い

 

今日は久しぶりに全力疾走をした。

全力で走ると気持ちが良い。

走るとは言ってもマラソンとかではなく徒競走……競走でもないか。

ただただ全力で走る。

それだけの行為だ。

50メートル走みたいに、体中の筋肉を行使して持てる限りの最速で走る。

それはどこへ向かうためでもない。

誰かより早くゴールするためでもない。

ただ無目的な行為。

何の意味もないこと。

しかし、そこには確かに全力で走る自分が存在している。

しかも、誰からも、何からも、必要とされることもなく。

走る自分が存在する条件はただ1つだけ。

自分が走ること。

それだけだ。

ただ「走ることを望む自分」がいて、その結果として「走っている自分」がいる。

そこには他者が介在する余地は無い。

いいねも、金も、伴走者も地位も保証も因縁もいらない。

あらゆるものから切り離された状態、それが走ると言うこと。

それはなんて孤独で、なんて素敵なことなのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

申し遅れました。私、橋本陽馬と申します。

 

f:id:shoshinnmono:20230205234923j:image

 

週刊コラム『走る』。

当コラムでは走ることの魅力、楽しさ、心地よさを読者の皆様方と共有できればと思っております。

 

それでは今回はこの辺で。

次回、週刊コラム『走る』

 

「同居人の生命保険で自宅をジムに!」

でお会いしましょう。

ここ3日間不調でした

 

23日から25日までかなり不調でした……

なんか精神がかなり不安定で、ちょっとアレな状態に片足突っ込んでた気がします。

今はだいぶマシになったと思うのですが……マンガのモチベがなくなってしまいました。

正直困っています。

 

無論、元からマンガを描くのは辛いなぁとかめんどいなぁとかは思ってました。

それでもちゃんと描いてたのですが、ここ最近は苦痛が強まって全然描けませんでした。

3日で2ページです。

進んでないに等しい。

 

本当に困りました。

いやぁ何が原因なのでしょうかねぇ。

……とか何とか言ってますが、まぁ、心当たりはあるんですがね。

 

問題は

  • 運動不足
  • 日光を浴びてない
  • 人との交流が皆無
  • スマホばっかいじってる
  • マンガやりすぎて飽きた
  • そういうバイオリズム
  • 将来が不安
  • 金がない
  • 死にたくない

と、心当たりがありすぎてどれが原因かわからないことです。

 

下四つはともかく、それより上は全部どうにかできる問題なのでどうにかしないと。

 

とりあえず運動不足解消から入ろうかと思い、だいぶ前に消したドラクエウォークを入れ直しました。

まずはこれで運動不足を解消し、世界を救い、ローラ姫とチュッチュして新しい国を建国しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜTCGが好きなのだろうか?

今日デュエプレをやっている時にふと思ったことがあるのでそれについて書いてみることにする。


今日、デュエプレをプレイしていた時に気づいたことがある。

それは「どんなに考えてデッキを組んでも、自分より頭のいい人が組んだデッキには敵わない」というただそれだけの事実だ。

当たり前の話である。

本来考えるまでもないことだ。

そんな当たり前のことにも気づかなかったのは、それだけ熱に浮かされていたからだと思いたいところだがどうなのか。

個人的にデュエプレの(というかTCG全般の)面白さはデッキ構築にあるも考えている。

なので、私にとって他人の組んだデッキを見て真似る事は楽しみを失うこととイコールだ。

故に、なるべく他人のリストは見ないようにしている。

当然自分の考えなど対して優れたものではない。

対人戦の勝率も4割行くか行かないか程度だと思う。

それでも自分のデッキを組んでいくのは試行錯誤の連続だ。

一筋縄では行かないが、面白い。

この感覚はリアルじゃなかなか味わえない。

かなり心地いい。


しかし、困ったことがひとつある。

それは「自分は他人のリストを見ないという縛りプレイ的な遊びをしていようとも、相手は容赦なくテンプレを使ってくる」という点だ。


自分の考えたデッキなんかでは、日本中の頭が良い人たちの作り上げたそれに対抗する事なんてできない。

ボコボコにやられる。

それに合わせてこちらもデッキを変えれば良いのだが、突き詰めていくと「このデッキよりこっちのデッキの方が対応しやすいな」となり、最終的には「自分も同じデッキ使った方が強い」ということになってしまう(ここで諦めてしまうあたり、やはり自分は真のデッキビルダーではないのだろう)。

そうなるともはや自作デッキにこだわる意味がなくなる。


そもそも勝つことを目的としなければ関係ないのだが、それでもやはり勝ちたい。

できることなら勝利したい。

「勝てても勝てなくても、やりたい動きができればそれでいい」

そういえたらそりゃカッコいい。

しかし、無理だ。

勝ち負けが存在する以上、「できれば勝ちたい……」程度の願望はどうしても捨てきれない。

勝ちたい。

それもオリジナルデッキで。

しかし相手は容赦なくガチデッキをぶつけてくる。

となればこちらも……という思考になって結局オリジナルデッキを捨ててしまう。

それは間違いなく自分が弱いからだ。

弱いから、アストラル(遊戯王ゼアルの)が居ないと勝てない。

アストラルに頼りたくなければ頼らなくても良い。

一つだけ不変なのは、相手にはアストラルがついているという一点のみ。


ここでアストラルをつけるというのは、本来あったはずの「構築の楽しみ」を手放すことに等しい(自分にとっては)。

すると残る楽しみは「プレイングの精度」や「勝率」であり、それはもはやアスリートの領域だ。

自分はeスポーツがやりたいワケではない。

もっとカジュアルに遊びたいのだ。


で、前置きが長くなったが本題はここだ。

以上のように私は「構築の楽しさ」を味わいたいだけであって、勝ち負けの戦いがしたいわけではない。

これに対して自分で

「じゃあなんでTCGやってんだよお前」

と思ってしまったのだ。


自分は構築がしたい、つまりピースとピースを噛み合わせるパズル的な楽しさをTCGに見出している。

そして勝ち負けは余計なモノと感じている(負けるくらいなら勝ち負けなんかいらない!という駄々をこねるクソガキみたいな感覚)。

しかしTCGは勝ち負けがあるモノであって、それを否定することはTCGの構造自体を否定することにつながる。


にもかかわらず、今でも自分は「TCGが大好きだ」と言い切ることができる。

これはなぜなのか?

勝ち負けとかが嫌なんだろ?

自分より上のやつがいるのが嫌なんだろ?


どこまで行っても自分より賢い奴がいて、自分より上手い奴がいて、自分の上位互換がいくらでもいる。

そいつらを見上げて、「自分は入れ替え可能な存在でしかないんだ……」と絶望するのが嫌なんだろ?


だからマンガを描いてるんだろ?

誰とも競争する必要がない(※商業マンガなら話は別だが)から、100人いれば100人が開拓者だから、だからこそマンガを描いてるんだろ?


なのに何でTCGが好きなんだ?

どうして好きでいられるんだ?

全く分からない……でも好きになるって本来こういうことなのか……?

理由なんてなくとも好きになってしまうモノなの?

この気持ちって何なの?

恋なの? 愛なの? わーかーらーないー

 

っつーワケでわかんねーって事がわかったっつーハナシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shoshinnmono:20230122012252j:image

心充電!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

下書き24ページまでおわり

下書きが24ページまで終わりました

全66ページなので、三分の一が終わった計算になります

今回は絵になるべく力を割いてやっています

とは言っても「ちゃんと全コマ資料を用意して描く」という当たり前のことをしているだけですが(^◇^;)

今まではその当たり前すらしてなかった 怠慢です

正直結構苦しいです

今までの自分は手なりで描いたり、想像で済ませたりする場面が多かったので、自分がどれほどイカサマをしていたか突きつけられているように思います

 

ただ、その苦しさに見合う作品にはなるんじゃないかなと期待しています

ネームの段階ではかなり自分の体重が乗り、情熱を持って最後まで描き切ることができました

なので、あとは本番の画でどれだけ熱量を損なわずにいられるかの勝負になるでしょう

画力は無く、絵は下手なので熱量やらなにやらでカバーしたいところです(というか気付くのがだいぶ遅れたのですが、上手くなろうと思って描かないと上手くならないんですね……絵って……)

 

今日は1日で6ページ描いたのですが、これでも調子が良かった方です

丁寧に描くとどうしても時間がかかります

この時間を縮めるタイムアタック的な遊びをしつつ、早いところ完成まで辿り着きたいです

そしていつかこのブログに作品を載せてみたい

かゆうま

 

残酷な根本原理

今日、恐ろしいことに気づきました。

それは何かというと「自分はナベさんと2歳しか違わない」という事実です。

ナベさんというのは「描かないマンガ家」の主人公 渡部勇大のアダ名。

彼は商業作家でも同人作家でもない第3のマンガ家「描かないマンガ家」として活動している男です。

以前読んだときは特に引っかかるモノもなく純粋に読めたのですが、今日ふと読み返してゾッとしました。

自分は今24歳なのですが、あと2年弱で彼と同じ年齢になってしまうんですね……。

しかも彼はフリーターなのですが、通っているマンガ学校の学費は親に出させています(年間120万円)。

流石に自分はこんなにクズじゃない!……と言いたいところですが、実はどっこいどっこいです。

彼はフリーターですが、自分に至ってはフリーターどころかニートです。

親から月々おこづかいをもらって生活してます。24なのに。

コレでは彼以下です。

まだ年齢が下なのでマシですが、そのアドバンテージさえもう間もなく消失します。

なんか……なんかマジでもうちんたらやってる場合じゃないですね……。


プロになるにしろなれないにしろ、早く何かしらのアクションを起こさなくては……

今の進む速度では何か「締め切り」みたいなものを完全に過ぎる気がしてなりません。

そしてそんな事になるワケにもいきません。

どうにかしなくては……。

今までのぬるい向き合い方では多分悲惨な結末をたどることになると思うので、日々の過ごし方を改めようと思いました。


ありがとう! 器根田刃先生!!!

鋭利なGペンに合掌😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤😤